仕事をしながら授乳はできるの?授乳をやめないといけない?

だんだんと夜の寒さが増してきていますが、いかがお過ごしですか?

今回は、卒乳断乳のお話会の時に、必ずと言ってもいいくらい出る質問、

「仕事しながら授乳は出来る?授乳止めないといけないの?」

についてお伝えします。

お母さんの仕事復帰が近づくと、

お母さん
お母さん

授乳を続けようか、それとも止めようか…
どうしよう…

と考えてしまいます。

嬉しそうにお乳を飲んでいるかわいい子どもの姿を見ると、とっても悩みますよね。

授乳は子どもにとって、栄養面だけでなく、心の安心も感じやすく、免疫もたっぷりと含まれています。

お母さんにとっても、授乳をするとリラックスホルモンが出るので、イライラしにくいというメリットもあります。

お仕事が始まり、お母さんとお子さんは新しい環境になるので、出来る限り長く授乳を続けられると、お互い幸せですね♡

お乳はどんどん飲ませると、分泌量が増えてきます。

それとは逆にお乳を飲ませる回数や量が減ると、自然に分泌量は減ってきます。

身体ってすごいですよね。

例えば、日中はお乳を飲む回数が減り、夜だけしっかり飲んでいる子は、お乳が夜にしっかり出ます。

つまり、自然と「お乳」が子どもの飲み方に合わせていくんです。

お仕事が始まる前に「慣らし保育」が始まりますので、ママといるときに、子どものペースで、「欲しいときに欲しいだけ」授乳をしてみてください。

するとお乳は子どもと離れているときは徐々に張らなくなっていきます。

自然と、子どもとお乳の息がぴったり合ってくるんです❣

お仕事をしながらでもちゃんと授乳は続けられますので、安心してくださいね。

お仕事が始まって、子どもが保育園という新しい環境に慣れるまでは、暫く母乳育児を続けるお母さんもおられますよ。

今回は、お仕事が始まっても授乳は続けられるよ!という内容をお伝えしました。

具体的な方法について次回お伝えしますね( ´∀` )

Hana母乳育児相談では、「自分にぴったり合った、卒乳断乳のお話会」を定期的に開催しています。

Hanaのカレンダ=でも確認はできますが、LINEに登録していただくと案内が届きますので、ぜひお気軽にご登録お願いします。

※個別に相談したい方はお電話かLINEにてご連絡くださいね。 

LINE公式アカウントで最新情報配信中☆

関連記事

  1. 乳腺炎の原因や症状は?
  2. 卒乳と断乳のおはなし会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP