赤ちゃんが笑うのはいつから?ベビークラブでの疑問をご紹介!

皆さんこんにちは。

最近寒くなってきたので、慌てて冬の布団を準備しました。

今回は、先月のベビークラブの時にお話した、「赤ちゃんの笑い」についてお伝えしますね。

赤ちゃんがすぐに笑っているように見える!

生まれたばかりの赤ちゃんが笑っているように見えるときって結構ありますよね。
その表情に、皆さんが癒されます。

私もケアに来られたお母さんに、

お母さん
お母さん

もう笑うんです!赤ちゃんわかっているのかな?

と聞かれることがよくあります。

先日、ベビーサイエンスの本を見ていたら、

笑いにも「発達・成長過程がある」という記事を見つけました。

その記事によると、

・生まれたばかりの赤ちゃんは、心から嬉しくて笑っているのではなく、表情筋が自由に操れるから笑っているように見える。

・あやし笑いは、生後2か月~2.5か月ごろからできるようになり、お母さんや周りの人たちの顔をコピーして習得していくので、あやす側が笑っていないと、なかなか成功はしない。

・笑いかける回数が多いと、あやし笑いはより早く始まる。

【笑いの人生】

・生まれたばかりの赤ちゃん→「一人笑い」
・約2か月ごろから→「あやし笑い」
・小学生頃→「照れ隠し笑い」
・思春期頃→「箸が転げても笑いが止まらない」
・社会人→「心で泣いて顔で笑う」
・人生の終盤→「表情が乏しくなる」

・笑いに関しては、個人差と環境的な因子が大きい。

という内容でした。

私は「なるほど、面白いなー」と思いながら読みました。

私は毎日かわいい赤ちゃんに出会って、自然と目じりが下がり、笑顔で過ごすことが多いです。

それってとっても幸せなことなんだ!と、改めて感じました。

今まで2万人以上の「お母さんの笑顔と赤ちゃん」に感謝!

お母さんが笑うと、赤ちゃんが笑う。
赤ちゃんが笑うと、お母さんが笑う。

それを見ている家族や、周りの人もみんな幸せな気持ちになる💛

皆さん、赤ちゃんにベビーマッサージするときや、抱っこするときなどには、赤ちゃんに笑いかけてみてくださいね!

慣れない育児でなかなか外に出られないお母さんへ

広島に転勤してこられたお母さん、慣れない育児になかなか外へ出る勇気のないお母さん。

ぜひ気分転換になりますので、お気軽に各種クラスにご参加くださいね♡

Hanaでのイベントの案内やお申し込みは、LINEからとなっています。

ぜひHanaのLINEへのご登録をお願いします!

LINE公式アカウントで最新情報配信中☆

関連記事

  1. 乳腺炎の原因や症状は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP