生まれたばかりの赤ちゃんが、お乳を吸ってくれないなんて…おっぱいクラスに参加されたお母さんの声

皆さんこんにちは。

我が家は小学校が近く、最近、運動会の練習の音に日々癒されています。

先日、香月産婦人科でのおっぱいクラスに参加したお母さんがケアに来られました。

おっぱいクラスに参加したことで、

お母さん
お母さん

生まれた赤ちゃんは、母乳で育てたい!

という思いが湧き、出産時にはおっぱいクラスの資料を持って入院されたとのこと。

出産後には、初めての授乳を楽しみにしていたら、なかなか赤ちゃんがお乳を吸ってくれなくて、入院中にかなり悩んたそうです。

お母さん自身、

お母さん
お母さん

お乳の分泌量などで悩むことはあるかな~?

とは思っていたけど、まさか

お母さん
お母さん

赤ちゃんがお乳を吸ってくれない?そこから悩む❓

と思われたそうです。

お母さんは、入院中は保護器を使って授乳をし、

お母さん
お母さん

自分でなんとかしなければ!

と思い、おっぱいクラスの時に配った資料をみながら、

「セルフケア」と「搾乳」を頑張っていたとのこと。

お母さん
お母さん

退院したらすぐにHanaに受診に行く!

と決めていたそうです。

実際にケアをして、少しお手伝いをすると、赤ちゃんは上手にお乳を飲むことが出来ました

そして、少しケアに来られただけで、完全母乳になりました♪

今回のケースは、

◇ポイント

お母さんが入院中から赤ちゃんに直接お乳を飲ませられなくても、セルフケアと搾乳を続けていたから、とてもスムーズにいきました (^O^)

赤ちゃんは生まれたらすぐに、お乳を吸ってくれると思っておられるお母さんは多いでしょう。

しかし、なかなかお乳を吸ってくれないと、

お母さん
お母さん

吸ってくれないけどどうしよう…

お母さん
お母さん

まさか初めての授乳から悩む?

などと不安になります。

そして、母乳育児が上手くいかないと

お母さん
お母さん

母親失格なのでは??

と落ち込むお母さんも多いです。

母乳育児は一人一人違います。

でも、お母さんにできることを入院中からしておくと、その後、助産師の少しのお手伝いで授乳ができるようになります。

今は、新型コロナの影響で、おっぱいクラスをお休みしています。

現在妊娠中のお母さんには、個別でもお伝えしています。

HanaのLINEを登録して頂き、そこからおっぱいクラスの予約をお願いします。

☆すでに出産された方は、病院を退院直後にケアに来られる方も、たくさんおられます。

相談はお早めにどうぞ💛

LINE公式アカウントで最新情報配信中☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP